【健康】妊娠と尿もれ(失禁)

こんにちは、ファンクフィジオのニディ・シャルマです。

今日は一般的な妊娠に伴う尿もれ(失禁)の話をしたいと思います。 尿もれ、または予期せぬ便通を失禁と言います。咳をしたり、笑ったり、物を持ち上げたり。ちょっとした拍子に起こってしまいます。

失禁の原因とそしてその治療には「骨盤底筋群」の機能の話が重要になってきます。

骨盤底筋群とは骨盤の下ある、大きなお椀型の筋肉です。この筋肉は膀胱、子宮などの内臓を下から支えています。

妊娠中、子宮は肥大して重くなり、膀胱など他の内臓器官を圧迫してしまいます。そのためにトイレに頻繁に行きたくなったり、さらには尿もれなど(失禁)と繋がる原因の一つです。

骨盤底筋群は臓器を下から支えるだけでなく、尿道や直腸を収縮したり閉じたりする働きもあります。この筋肉が緩急することによって通常は放尿や便通が起こります。骨盤の形状やホルモンの関係上、特に女性は、骨盤底が弱まると失禁へと繋がることが多いです。

妊娠中は、徐々に大きく重くなる子宮と内臓を支える為に、しっかりとした骨盤底筋群が特に必要となります。そのトレーニングは特殊なものですが正しく行えば必ず良い結果につながるはずです。

しかし残念ながら多くの方が間違ったトレーニングをしていることが多いと感じます。

Nidhi Sharma PT, DPT, WCS, OCS

関連記事一覧

TOP