笑いが救う子供の叱り方

子どもとの向き合い方に悩む方へ

子育てをする中での悩みの一つの、子どもとのコミュニケーション。

叱ってはいけないというけれども、子育てに疲れていたりするとそうは行かずについつい叱ってしまいがちになってしまいます。

子どもとのコミュケーションの中で、大事なポイントを今回のセミナーでつかんでもらえればと思います。

今回のセミナー講師は、ユタカフットボールアカデミー代表、またYFA WARRIX SRIRACHA FCオーナーである相原ユタカさんです。

笑いが絶えない、サッカースクールを通して世の中の生き方を教えている相原ユタカさんから、「笑いが救う子供の叱り方」というテーマでの教育セミナーを行っていただきます。

子育てする上で教育に興味が有るまた悩む親、教育機関や子どもと関わるお仕事をされている方は是非ご覧ください。

講師の方にQ&Aで質問も可能です。 申し込みの際に、問い合わせで事前にコメントを入力してください。

日時2021年5月 日(水)  :00~ :00(日本時間)
場所オンライン(zoomにて実施)
 内容 今回のセミナー講師は、ユタカフットボールアカデミー代表、またYFA WARRIX SRIRACHA FCオーナーである相原ユタカさんです。
笑いが絶えない、サッカースクールを通して世の中の生き方を教えている相原ユタカさんから、「笑いが救う子供の叱り方」というテーマでの教育セミナーを行っていただきます。
子育てする上で教育に興味が有るまた悩む親、教育機関や子どもと関わるお仕事をされている方は是非ご覧ください。
講師相原ユタカ
費用1,000円
定員先着80名様限定
対象者子育てする上で教育に興味が有るまた悩む親、教育機関や子どもと関わるお仕事をされている方
zoomでの参加方法 今回のオンラインセミナーはzoomと言うサービスを使います。 zoomは登録不要(スマホの場合はアプリのダウンロードが必要)でオンラインミーティングに参加できる便利なアプリです。
zoomミーティングを使ってセミナーに参加する方法の詳細はこちら

講師

今回の講師の紹介です。

相原ユタカ

ユタカフットボールアカデミー代表(子供向けサッカースクール)

YFA WARRIX SRIRACHA FCオーナー(タイプロフットサルクラブ)

プロフィール

2003年、サッカー選手になるべく単身タイへ。ストリートサッカー経てタイリーグでプロデビュー。その後、日本人が誰もプレーしたことのないバングラデシュに行きプロ契約。日本人初のバングラデシュリーガーとなる。その翌年、アフリカのウガンダへ行きウガンダでも日本人初のウガンダリーガーとなる。

2009年になると独立し、タイで現地の日本人の子供達を対象にサッカーを通した教育事業としてYutaka Football Academyを設立。 また、本人が先天的に左手部欠損というハンディを抱えてることから、同じ障害を持つ子供たちに夢を与えるため、バンコク・マハメック地区のスックろう学校にてサッカー教室を開催。同時に同じマハメック地区のマハメック孤児院でもサッカー教室を開催。

2014年からデフキッズ国際交流サッカーとして、タイのろうの子と日本のろうの子の国際交流サッカー界を実施、タイと日本のろうの子のサッカー交流を開催する。
デフキッズ国際交流サッカーにより、プロの世界を意識した子供の夢の受け皿を作るため、2019年からタイプロフットサル2部リーグのクラブ経営権を買い取り、プロリーグ参戦。

クラブのコンセプトは”障がい者が活躍できるプロフットサルクラブ”として、ろうの選手を数人雇い、プロリーグデビューに協力する。

相原ユタカさんの詳細なプロフィールはこちら

セミナー参加の流れ

  1. 下記のフォームからセミナー参加のご連絡
  2. メール送信後の2、3日以内にPayPalもしくは銀行振込の口座をメールで送付
  3. 入金
  4. 入金確認後、当日のzoomのURLが送付される
  5. 開始時間になればzoomより入室する。

お問い合わせ・お申し込み

お申し込みの締め切りは / ( )19:00まで

質問などは下記のフォームからお問い合わせください。

必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

[_post_id][_post_title][_post_url]

関連記事一覧

TOP