コンサルティング – 現場主義で実践して来たノウハウ –

コンサルティングとは、非常に説明のしにくい内容である。
しかし、コンサルティングはビジネスやプロジェクトを動かしていく上で、非常に重要な役割を果たすポジションであります。

足りない要素を補うために。

コンサルタントの活用法の一つとして、「足りない」部分を補うという方法が考えられます。どの事業、どのプロジェクトにおいても、足りていない部分は必ずあるはずです。またその部分は本来、人材を育成し補うか、中途採用で補充して行くかという判断にもなりますが、「人事」はどの企業、事業者にとっても常に付き纏う問題であり、雇用には当然リスクも付き纏うことになります。
そういった際に役立つのは、外部からのコンサルティングとなります。
また、「何が足りていないか」を分析し見つけることもコンサルタントの仕事でもあります。
「悪い部分を直し、良いぶぶんを伸ばす」これは我々のコンサルティングを行う上でのコンセプトでもあります。
まずは現状の問題をお話下さい。そこで「質問」をぶつけて下さい。
補うことが出来るかどうかは、私達の「回答」でご判断下さい。

プラスアルファを得るために

マーケットには無数のアイデア、無数のプロジェクト、無数のプロダクトなどが溢れかえっています。「価格競争」「商品価値」「差別化」などといった取り組みも無数に行われ、「戦略」「戦術」「営業」といった様々な要素が折り重なります。
そんなマーケットで打ち勝つために「多くのプラスアルファ」を提案し実践するのがコンサルタントの仕事であります。
マーケットで浮上するきっかけは意外な所に落ちているかもしれません。
一度、フラットな意見に耳を傾けて頂けないでしょうか。

現場主義のコンサルティングとは

弊社のコンサルティングは「現場主義」のスタイルです。
経営者目線や会社目線といった言葉をよく耳にしますが、企業や事業、プロジェクトは時間軸を持つ「生き物」、人間の体や自然と同様に、本来のあるべき姿やバランスというものが存在すると確信しています。
これまで経験してきた、多くの現場での経験をベースにコンサティングと役割を遂行して参ります。

これから先をどう読み解くか

これからの会社経営や事業展開に必要なことは、当然「未来を読む」どうなるかを読み解く分析力や判断力、知識にかかってくると考えます。

是非、今、お悩みの経営者様、ご担当の方、事業者の方、
この内容をご覧頂きましたら、下記フォームよりZoom でのディスカッションにお申し込みください。

必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

[_post_id][_post_title][_post_url]

関連記事一覧

TOP